抗体医薬・バイオプロセス

  • HOME »
  • 抗体医薬・バイオプロセス

CD16a cellular binding キット

NK細胞など表面にIgGのFc部分と結合する、Fcレセプター(FcγRIII;CD16a)を有するエフェクター細胞はがん細胞などの標的細胞にADCC(抗体依存性細胞傷害)活性を示します。
本キットは、Tag-lite 技術によりHEK293細胞へCD16aとγ鎖をSNAPタグと共に共発現させTbクリプテートをラベルした細胞およびIgG-d2で構成されており、被験抗体によるHTRFシグナルの減衰を測定することで高ADCC活性抗体の推測が可能です。

製品名 包装 カタログNo. 保存温度
CD32 FcγRIIB Cellular binding   100 テスト 6FR2BPAG -80℃
CD64 FcγRI Cellular binding    100 テスト 6FC64PAG -80℃
CD16a (F158) Cellular binding   100 テスト 6FR3APAG -80℃
CD32 FcγRIIA (H131) Cellular binding   100 テスト 6FRAHPAG -80℃
CD32 FcγRIIA (R131) Cellular binding   100 テスト 6FRARPAG -80℃
CD16a (V158) Cellular binding    100 テスト 62C16PAG -80℃

 テルビウムクリプテートを使用しています。プレートリーダーの機種によっては設定条件の変更をお勧めします。

 

構成品

製品名 包装 カタログNo. 保存温度
Tag-liteTM  labeling medium 1バイアル LABMED 2~8℃

抗体医薬・バイオプロセス関連キット

Human IgG キット

抗体医薬品の製造工程モニタリングや品質検査においてもHTRF® は活用されています。ELISAに代わる再現性、感度が良好で、且つハイスループットなアッセイです。ホモジニアス(“mix & measure”)なのでプロトコルも簡便で、ミニチュア化によるコストの削減にも威力を発揮します。

すべてのサブクラスが定量可能ですが、精密測定には特定のサブクラスIgGを標準品に用いてください。

CHO Host Cell Proteinキット

CHO細胞はチャイニーズハムスターの卵巣由来の細胞であり、産業上ではヒト組換えタンパク質を大量に培養液中に安定発現・生産させるために宿主細胞として広く利用されています。
本CHO HCPアッセイキットは精製後の組換えタンパク質に混在するCHO宿主細胞由来の免疫原性を有するタンパク質をサンドウィッチアッセイにて検出定量するキットです。

製品名 包装 カタログNo. 保存温度
Human Fc キット 500 テスト 62HFCPEG 2~8℃
 10,000 テスト 62HFCPEH 2~8℃
Mouse Fc キット 500 テスト 6FMIGPEG -80℃
 10,000 テスト 6FMIGPEH -80℃
Rabbit Fc キット  500 テスト 6FRIGPEG -80℃
10,000 テスト 6FRIGPEH -80℃
Human IgG キット  500 テスト 6FHIGPEG 2~8℃
 10,000 テスト 6FHIGPEH 2~8℃
Human IgG Kappa キット 500 テスト 64KAPPEG -80℃
 10,000 テスト 64KAPPEH -80℃
Human IgG Lambda キット 500 テスト 64LAMPEG -80℃
 10,000 テスト 64LAMPEH -80℃
CHO HCP キット 500 テスト 6FHCPPEG -80℃

構成品

製品名 包装 カタログNo. 保存温度
Human total IgG キット カリブレーター 1バイアル 62HFCCDA 2~8℃
Human total IgG キット コントロール 1バイアル 62HFCTDA 2~8℃
CHO HCP キット キャリブレータ 1バイアル 6FHCPCDA -80℃
Diluent 3 – 20 ml 1バイアル 62DL3DDD 2~8℃
Reconstitution buffer 3 13 ml 62RB3RDD 2~8℃
Reconstitution buffer 3 200 mL 62RB3RDF 2~8℃

PAGETOP
シスバイオ株式会社
Copyright © 2016 cisbio co.,Ltd. All Rights Reserved.